地球の公転などについて勉強をしていました

地球について勉強しました。天球上の太陽の動きは、地球の公転による見かけの動きであり、太陽は365.2422日で黄道上を春分点に対して1周します。この周期を1太陽年といいます。地軸がわずかに変化し、春分点が移動するため1太陽年は地球の公転周期(365.2564日=1恒星年)よりやや短いです。天球は、地球を中心にして星を投影する無限に大きな球です。地球の公転軌道は完全な円ではなく楕円軌道であるため、地球は1月上旬に太陽から最も近い地点(近日点)を通過し、7月上旬に最も遠い地点(遠日点)を通過します。地球の公転は、ケプラーやニュートンによって17世紀には理論的に明らかにされていました。地球が公転しているとすれば、公転にともなう1年を周期とする恒星の小さな見かけの動きがあるはずです。この動きの大きさを示す角を年周視差といい、角度の秒で表されます。このことを学びましたが、知らないことを知れて良かったです。DHAサプリ販売店