幼児のしつけはどこから暴行なのか、眺めるコツはあるのか?

幼児を虐待して死なせる両親が、最近はあまりにも多いように感じます。暴力で死なせたり、ネグレクトが過ぎて餓死したり。中にはネグレクトが原因で病死始める幼児もいるかもしれません。たいへん可哀相なことです。暴力で幼児を死なせる両親はほとんど、しつけのつもりでやった、といいます。では、果たしてしつけは何なのでしょうか。しつけは、していいことと悪いことを幼児に教えることです。は、一層両親がしていいことって悪いことの違いを知っておく必要があるということです。それを幼児に言い聞かせる、それがしつけだ。たたくのはリーサルウェポンだ。たたくとしても、それは飽くまでも言うことを聞き流すって罰を受ける、ということをわからせるためのものであって、幼児にけがさせるような叩き輩はいじめだ。また幼児の心に消えない被害を設けるのもいじめだ。おそらく幼児を虐待する両親は、自分もいじめにあたって育ったといいます。不幸な幼児だった両親が不幸な幼児を育ててしまう。こういうやり切れない頻度を控える好ましい方策があればいいのに、という遅まきながら思います。現世から不幸な幼児がいなくなったらいいのに、それほど願います。キレイモ 全身